自転車買取
ブランド一覧

サイクリーではロードバイク、クロスバイク、小径車・ミニベロ、マウンテンバイクなどのスポーツ自転車を中心に、ピストバイク、BMX、電動自転車、ヴィンテージ車、ホイール、パーツなど様々な自転車ブランドの高価買取を行っております。
お売りいただけるものがございましたら何でもご相談ください!

SPECIALIZED(スペシャライズド)

SPECIALIZED(スペシャライズド)の自転車/パーツの売却(下取り)をご検討なら、国内最大級、店舗展開数NO.1のスポーツサイクル買取販売専門店のサイクリーへお問い合わせください。スペシャライズドはアメリカに本社を置き、自転車だけでなくサイクルウェアやヘルメットなども開発している総合サイクリングメーカーです。世界初の量産型マウンテンバイクを販売したスペシャライズドは、今でもマウンテンバイクの大手メーカーで、日本ではマウンテンバイクのオリンピック代表選手などが愛用しています。また、女性向けの自転車・アパレルのラインナップも積極的に開発しており、多くの女性ライダーから支持を受けております。

SPECIALIZED(スペシャライズド) 高価買取モデル紹介はこちらSPECIALIZED(スペシャライズド)買取査定はこちら

FELT(フェルト)

FELT(フェルト)の自転車/パーツの売却(下取り)をご検討なら、国内最大級、店舗展開数NO.1のスポーツサイクル買取販売専門店のサイクリーへお問い合わせください。 フェルトはモーターサイクル用のフレームをモトクロス界の有名選手のために開発、その後自転車のフレーム作りにシフトた。すぐにシクロクロスとトライアスロン界でフェルトのフレームに乗った選手が世界チャンピオンになり一躍トップブランドの仲間入りを果たした。トライアスリートのみならず、MTBやデュアスロン選手も愛用するなど様々なプロレーサーが活躍しているブランドである。 人気モデルであるシリーズは初級者から上級者まで多くの方々に支持され、サイクリーがこれまで買い取り販売を行ってきたメーカーの中でも回転率が高く、即売の続いております。お客様からの買取から全国各地に点在する直営店舗での販売を行っているサイクリーだからこそ、YAHOO、楽天、ヤフオクなどの外部ECサイトでの販売を中心にしておられる競合他社様より高く買取させて頂いております。 フェルトブランド製のロードバイク、クロスバイクをお持ちのお客様で売却をご検討でしたらまずは買取・販売とも国内NO.1のサイクリーまでお問い合わせくださいませ。

FELT(フェルト) 高価買取モデル紹介はこちらFELT(フェルト)買取査定はこちら

フジ(FUJI)

FUJI(フジ)の自転車/パーツの売却(下取り)をご検討なら、国内最大級、店舗展開数NO.1のスポーツサイクル買取販売専門店のサイクリーへお問い合わせください。FUJI産みの親である岡崎久次郎が1899年に日米商店を創業。米国商品の輸入販売を主としながらも1906年からイギリスの自転車ブランド「ラーヂ」の輸入販売を開始し、1928年に商標を「ラーヂ」から「富士」に改称してその歴史がスタート。スポーツバイクではなく、実用車を主としながらも1950年頃からスポーツバイクにシフトし、現在の形へ発展を遂げたスポーツバイクブランドである。 ロードバイクのみならず、ピスト、シティバイク、小径車など幅広く展開し、多くの愛好家に支持される人気ブランドである。

フジ(FUJI) 高価買取モデル紹介はこちらフジ(FUJI)買取査定はこちら

BH(ビーエイチ)

BH(Beistegui Hermanos)は第一次世界大戦中の1909年、Cosme、Domingo、Juan Beistegui Albistegui の三兄弟によって、 スペインのエイバルにおいて武器(拳銃などの軽量銃器)を生産するメーカーとしてスタートし、第一次世界大戦終了後にそれまで培った技術的ノウハウを武器ではなく復興への道を歩む戦後の市民生活を豊かにするものづくりが出来ないかと模索した結論として軽くて、機敏で、信頼できる自転車作りをスタート。 現在ではスペイン国内に留まらず、世界中のサイクリストから愛されるブランドである。

BH(ビーエイチ) 高価買取モデル紹介はこちらBH(ビーエイチ)買取査定はこちら

CORRATEC(コラテック)

ベンツやアウディ、BMWに並んで質実剛健のドイツが生んだ総合サイクルブランドが「corratec(コラテック)」。 シティーライドから重量680gの究極のロードまで、一切手抜きのないラインナップが揃うコラテックだからこそ自身の志向に合致したスペックの1台はかならず見つかるはず!

CORRATEC(コラテック) 高価買取モデル紹介はこちらCORRATEC(コラテック)買取査定はこちら

CERVELO(サーベロ)

カナダトロントに本拠を置くロードバイク・トライアスロン用フレームブランド。サーヴェロの名の由来は、イタリア語で「頭脳」を意味する「cervello」と、フランス語で「自転車」を意味する「vélo」を組み合わせた造語であり、文字通りそれは 「頭脳を持つバイク」。日本国内では特に多くのトライアスリートに人気のブランドでもある。

CERVELO(サーベロ) 高価買取モデル紹介はこちらCERVELO(サーベロ)買取査定はこちら

FOCUS(フォーカス)

ドイツ生まれのFOCUS(フォーカス)はスポーツをこよなく愛する情熱から生み出されたブランド。ドイツ生まれのブランドらしい最高のテクノロジーを追求し続けるFOCUSは、世界中のサイクリストらに支持されています。

FOCUS(フォーカス) 高価買取モデル紹介はこちらFOCUS(フォーカス)買取査定はこちら

TERN(ターン)

TERN(ターン)は折り畳み自転車ブランドでデザイン、技術開発、パーツコントロール、生産など、企画から開発、生産までをアメリカ、ヨーロッパ、アジア等世界各国で行っており、国やエリアを超越した体制で運営されるブランドです。

TERN(ターン) 高価買取モデル紹介はこちらTERN(ターン)買取査定はこちら

BROMPTON(ブロンプトン)

ブロンプトンはイギリス人アンドリュー・リッチーが考案した折り畳み自転車ブランドで、卓越した折り畳み性能と使い勝手のよさが際立ったブランドである。 基本的な折畳み機構は最初期のモデルから現行モデルまでほぼ変わらず、いかに完成された機構なのかが分かる。 スポーツ走行向きではないが、ロングツーリングでも満足できる安定性は特筆もの。

BROMPTON(ブロンプトン) 高価買取モデル紹介はこちらBROMPTON(ブロンプトン)買取査定はこちら

FELT(フェルト)

1980年代にモトクロスのメカニックだったジム・フェルト氏が当時のスーパースター「ジョニー・オメーラ」のためにトライアスロンバイクを設計したのがFELTの始まり。 製作にあたり、空気抵抗の削減とライディングスタイルの最適化を重視したフェルトは、幾度も風洞実験を重ねてバイクのデザインを練り上げ、開発されたバイクは驚異的な性能を誇り、ジョニーは優勝。常により良い製品づくりを目指す思いの強いのがフェルトブランドの特徴です。

FELT(フェルト) 高価買取モデル紹介はこちらFELT(フェルト)買取査定はこちら

CENTURION(センチュリオン)

MTBやBMXの発展や開発に重きを置き1976年よりスタートしたセンチュリオン。ブランド創設40周年を迎え、ハードなシーンで必要とされるあらゆる機能や耐久性を追求したオフロードバイクの製造で培ったノウハウを各モデルに採用している。

CENTURION(センチュリオン) 高価買取モデル紹介はこちらCENTURION(センチュリオン)買取査定はこちら

SCOTT(スコット)

1958年にスキーのストックブランドとして米国アイダホ州で生まれたSCOTT(スコット)は1986年よりMTBの製造を開始し、近年でもロードバイクの開発にも積極的に取り組んでいる。

SCOTT(スコット) 高価買取モデル紹介はこちらSCOTT(スコット)買取査定はこちら

BMC(ビーエムシー)

BMCとはスイスに本拠地を置く自転車メーカー・ブランドであり、角型のチューブを多用するなど特徴的なデザインも有名である。

BMC(ビーエムシー) 高価買取モデル紹介はこちらBMC(ビーエムシー)買取査定はこちら

GT(ジーティー)

トランペットやトロンボーンのような高度な溶接技術を必要とする楽器の修理職人であったGTの生みの親「ゲーリー・ターナー」。楽器の修理職人として働く傍らドラッグレーサーカーを作り、またプロのドライバーとしても活躍をしていました。 後に共同経営者となるカリフォルニア州オレンジカウンティでバイクショップを経営リチャード・ロングと出会いカリフォルニア州サンタアナに工房を構え1979 年にゲーリーターナーの頭文字を取ったGT bicyclesというブランドを設立しました。

GT(ジーティー) 高価買取モデル紹介はこちらGT(ジーティー)買取査定はこちら

KUOTA(クオータ)

優れた技術力と洗練されたデザイン、そしてトップレーシングバイクとしての性能を追求するために情熱を持ち続けて開発を行う2001年に発足された比較的新しいイタリア生まれのブランド。

KUOTA(クオータ) 高価買取モデル紹介はこちらKUOTA(クオータ)買取査定はこちら

KHS(ケイ・エイチ・エス)

小径車が有名なKHSですが、もともとはMTB黎明期からMTBとともに進化してきたブランド。 ロードからツアラーまで取り扱うアメリカンブランドだ。 「自分たちが乗りたいバイクを作る」をポリシーは今でも多くのファンを虜にする。 【代表車種】 F-20・P-20シリーズ・FLITEシリーズ・ATBシリーズ etc.

KHS(ケイ・エイチ・エス) 高価買取モデル紹介はこちらKHS(ケイ・エイチ・エス)買取査定はこちら

STRiDA(ストライダ)

1987年、イギリスのマーク・サンダース氏によって考案された独創的なトライアングル(三角)フレーム構造が特徴的なストライダ。 簡単に折り畳める機能性、転がして運べる利便性が魅力的です。

STRiDA(ストライダ) 高価買取モデル紹介はこちらSTRiDA(ストライダ)買取査定はこちら

TYRELL(タイレル)

讃岐が送り込んだ恐るべき性能! スラントデザインと呼ばれる複雑なフレーム構造を採用したモデルが人気のタイレル。 その走行性能はロードバイクに匹敵します。 アルミ・クロモリ・チタンと選択の幅も広い。 【代表車種】 SV・CX・CSI・FX etc.

TYRELL(タイレル) 高価買取モデル紹介はこちらTYRELL(タイレル)買取査定はこちら

TARTARUGA(タルタルーガ)

独自のフレームデザインにして熱狂的なファンの多いジャパニーズブランド。 走行性能の高いTYPE SPORTシリーズは特に人気があります。 【代表車種】 TYPE SPORTシリーズ TYPE FOLDING

TARTARUGA(タルタルーガ) 高価買取モデル紹介はこちらTARTARUGA(タルタルーガ)買取査定はこちら

BIKE FRIDAY(バイクフライデー)

合理性と性能を見た目よりも優先させるアメリカらしいともいえるブランドのバイクフライデー。 その中でも走行性能を重視したポケットロケットやツーリング向けフォールディングバイクのティキットは根強い人気を持つ。

BIKE FRIDAY(バイクフライデー) 高価買取モデル紹介はこちらBIKE FRIDAY(バイクフライデー)買取査定はこちら

r&m(ライズアンドミューラー)

ドイツの工科大学の学生だったハイコ・ミュラーとマーカス・リーズによって開発された画期的な折畳みバイクであるBD-1(BIRDY)。フレームをモノコックとして、その他の部分を折畳むことによりスポーティーな走りとコンパクトなサイズを実現。 そのデザイン性、カスタマイズパーツの豊富さなどから多くのサイクリストに絶大な人気を持つ。

r&m(ライズアンドミューラー) 高価買取モデル紹介はこちらr&m(ライズアンドミューラー)買取査定はこちら

DAHON(ダホン)

言わずもがなの世界でもっとも普及している折り畳み自転車ブランドのダホン。 リーズナブルなモデルから本気の走りを見せるハイエンドクラスまで実に幅広いラインナップを揃えています。

DAHON(ダホン) 高価買取モデル紹介はこちらDAHON(ダホン)買取査定はこちら

5LINKS(5リンクス)

「携行しやすく、電車や車などの交通機関にも積載しやすい自転車」というコンセプトのもとに新機軸の折りたたみ構造を完成させたブランド。 5LINKSのネーミングには「5LINKSに乗って走るもよし、携帯するもよし、電車に、自動車に、船に、飛行機にも積んで、世界の5大陸を移動しよう」という願いが込められています。

5LINKS(5リンクス) 高価買取モデル紹介はこちら5LINKS(5リンクス)買取査定はこちら

PACIFIC CYCLES(パシフィックサイクルズ)

大手ミニベロ工場が立ち上げたオリジナルブランド。 コンパクトな極小径車のキャリーミー、スポーツ走行性を重視したリーチ、実現不可能とまで言われた折りたたみ機構のIFなど興味深い車種がそろっている。 近年はBIRDY(BD-1)の取り扱いを始めた。

PACIFIC CYCLES(パシフィックサイクルズ) 高価買取モデル紹介はこちらPACIFIC CYCLES(パシフィックサイクルズ)買取査定はこちら

RALEIGH(ラレー)

1888年設立の英国ブランド。 ツールドフランス優勝をはじめ、華々しい歴史を持つ。 創始者のFrank Bowden氏自らが体験した自転車の素晴らしさ、実用主義のコンセプトを今でも引き継ぐ

RALEIGH(ラレー) 高価買取モデル紹介はこちらRALEIGH(ラレー)買取査定はこちら

リドレー(RIDLEY)

リドレー(RIDLEY) 高価買取モデル紹介はこちらリドレー(RIDLEY)買取査定はこちら

CANNONDALE(キャノンデール)

キャノンデールは1971年に創業されたアメリカ合衆国の自転車メーカーであり、社名は米国コネチカット州の駅の名前に基づくものです。 高品質で高性能のアルミ自転車を開発・製造するメーカーとして強みを持つメーカーであり、フレーム以外にも自転車部品、サイクルウェアなどの自転車関連商品も製造販売を行っております。ロードバイクも、クロスバイクも老若男女を問わず幅広い層に支持される人気の米国生まれの自転車ブランドです。

CANNONDALE(キャノンデール) 高価買取モデル紹介はこちらCANNONDALE(キャノンデール)買取査定はこちら

COLNAGO(コルナゴ)

COLNAGO(コルナゴ)の自転車/パーツの売却(下取り)をご検討なら、国内最大級、店舗展開数NO.1のスポーツサイクル買取販売専門店のサイクリーへお問い合わせください。コルナゴは、イタリアに本社を置く自転車メーカーで、多くのプロレーサーに自転車を供給し勝利に導いてきました。技術力の高さからロードバイク業界において高い認知度を誇っていたCOLNAGOですが、ローマ教皇にロードレーサーを献上したことが大きな話題となり、より一流メーカーとしての技術力や格式を世間に認知されることになりました。F1の名門チームであるフェラーリやその他様々なコラボモデル・限定モデルが作られており、昔からのファンも飽きることがないメーカーです。

COLNAGO(コルナゴ) 高価買取モデル紹介はこちらCOLNAGO(コルナゴ)買取査定はこちら

PINARELLO(ピナレロ)

PINARELLO(ピナレロ)の自転車/パーツの売却(下取り)をご検討なら、国内最大級、店舗展開数NO.1のスポーツサイクル買取販売専門店のサイクリーへお問い合わせください。ピナレロはトップクラスの生産テクノロジーを持ち、常に現状を疑問視しチャレンジし続けるハイレベルな自転車メーカーです。イタリアメーカーらしく上品なデザインながら、その性能、実力は他者の追槌を許しません。歴代の偉大なチャンピオン達のほとんどは、その歴史の中でピナレロで活躍した時期があるほどです。 ピナレロに憧れを持つサイクリストは多いのではないでしょうか。変わることなく受け継がれてきた伝統と技術による、芸術品とも言えるピナレロの自転車は、根強いファンを生み出し、今も昔も幅広い層から憧憬され親しみを信頼されています。

PINARELLO(ピナレロ) 高価買取モデル紹介はこちらPINARELLO(ピナレロ)買取査定はこちら

GIANT(ジャイアント)

台湾を拠点とする世界最大の自転車メーカーで、大量生産によるコストダウンのおかげでコストパフォーマンスでは敵なしです。カーボンフレームはカーボン原糸を自社で成型するなど、かなりの技術力もあります。廉価モデルのイメージが強いようですが、100万円超のモデルまですべての価格帯でラインアップが充実しており、プロのロードレースでもチームにバイクを供給するなど、プロからの評価も上々です。その上で、肩の力を抜いた変なモデルまでラインナップされているのでなかなか面白いメーカーです 短所といえば、以前はクランクやブレーキに他社のパーツを使って値段を下げるというあまり良いとはいえない販売の仕方もしていましたが、近年は改善されて、どのパーツにも同じグレードのものを使った自転車がほとんどとなっていますので、自転車の質としても良いので、大きな短所は見つかりません。強いて挙げるなら、あまりにも販売台数が多いため、高確立で他の人と被ってしまうことがあります(特にクロスバイクなら)。それが嫌なら避けたほうが良いかもしれません

GIANT(ジャイアント) 高価買取モデル紹介はこちらGIANT(ジャイアント)買取査定はこちら

TREK(トレック)

Trek(トレック)の自転車/パーツの売却(下取り)をご検討なら、国内最大級、店舗展開数NO.1のスポーツサイクル買取販売専門店のサイクリーへお問い合わせください。トレックは、アメリカに本社を置く、ゲーリー・フィッシャーやボントレガーなどを傘下に持つ世界最大規模の自転車の製造・販売メーカーです。日本各地にトレックを専門に扱うトレックストアもあり、フィッティングやメンテナンス等のサポートが充実している安心して購入できるメーカーです。 トレックが長年培ってきたカーボンフレーム精製技術により開発されるフルカーボンモデルはプロからも一目置かれており、世界最軽量と歌われております。

TREK(トレック) 高価買取モデル紹介はこちらTREK(トレック)買取査定はこちら

DEROSA(デローザ)

DE ROSA(デローザ)の自転車/パーツの売却(下取り)をご検討なら、国内最大級、店舗展開数NO.1のスポーツサイクル買取販売専門店のサイクリーへお問い合わせください。デローザはオシャレなハートのロゴが特徴的なイタリアの自転車メーカーです。全てのバイクが基本的にレースでの使用を念頭においた設計のためプロフェッショナルレベルのライダーから、エントリーレベルのライダーまで多くの支持を得ています。スチールフレームから始まり、現在はカーボンフレームの生産量が一番多くなっておりますが、アルミフレームも負けてはおりません。デローザのアルミフレームは他社メーカーのアルミフレームとは違い、溶接で出来た溶接痕を職人がヤスリで削り落とす工程が加えられています。そのため、高品質で美しいフォルムとなっております。このようなフレームに対する細やかな心配りがデローザの特徴の一つです。

DEROSA(デローザ) 高価買取モデル紹介はこちらDEROSA(デローザ)買取査定はこちら

ルイガノ(LOUIS GARNEAU)

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)の自転車/パーツの売却(下取り)をご検討なら、国内最大級、店舗展開数NO.1のスポーツサイクル買取販売専門店のサイクリーへお問い合わせください。ルイガノ)はカナダに拠点を置くスポーツ用品メーカーであり、、創設者は元自転車のトラック競技選手である。比較的低価格で街乗り向きなルイガノと、高価格でレースなど競技向きなガノー(Garneau)の二つのブランドで商品展開されており、幅広いライダーに愛されています。 ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイクの各車種で豊富なカラーリングが展開されスタイリッシュでハイセンスなルイガノはデザインコンセプトが明確で目的、用途別にデザインされており、選びやすいのもポイントです。 ルイガノブランド製のロードバイク、クロスバイクをお持ちのお客様で売却をご検討でしたらまずは買取・販売とも国内NO.1のサイクリーまでお問い合わせくださいませ。

ルイガノ(LOUIS GARNEAU) 高価買取モデル紹介はこちらルイガノ(LOUIS GARNEAU)買取査定はこちら

GIOS(ジオス)

GIOS(ジオス)の自転車/パーツの売却(下取り)をご検討なら、国内最大級、店舗展開数NO.1のスポーツサイクル買取販売専門店のサイクリーへお問い合わせください。元五輪ロードレース選手が創設したイタリアのメーカーであるGIOS(ジオス)。今でもイタリアのトリノを拠点とし、精度の高い徹底的にこだわったフレームが人気です。イタリア国内ではジオスブルーというカラーが存在するほど、ジオスのブルーに塗装されたフレームは鮮やかでうつくしいものです。中でも、細身でスタイリッシュなフォルムのクロモリフレームロードは街乗り・ツーリングの定番です。GIOS製のロードバイク、クロスバイクをお持ちのお客様で売却をご検討でしたらまずは買取・販売とも国内NO.1のサイクリーまでお問い合わせくださいませ。

GIOS(ジオス) 高価買取モデル紹介はこちらGIOS(ジオス)買取査定はこちら

BIANCHI(ビアンキ)

Bianchi(ビアンキ)の自転車/パーツの売却(下取り)をご検討なら、国内最大級、店舗展開数NO.1のスポーツサイクル買取販売専門店のサイクリーへお問い合わせください。 ビアンキは、イタリアの自転車ブランドで、現存する中では世界最古の自転車ブランドです。ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイクなどさまざまな種類の自転車を販売しております。中でも、ビアンキのイメージカラーであるチェレステカラーの自転車はロードバイク、MTB、クロスバイク全てにおいて男性・女性ともに人気を博しており、即売モデルとなっております。 カーボンバイクの振動除去テクノロジーも、数あるメーカーのハイエンドモデルの中、ビアンキのロードが選ばれる理由の一つで、最大80%の振動をキャンセルすることが出来ると言われております。 ビアンキ製のロードバイク、クロスバイクをお持ちのお客様で売却をご検討でしたらまずは買取・販売とも国内NO.1のサイクリーまでお問い合わせくださいませ。

BIANCHI(ビアンキ) 高価買取モデル紹介はこちらBIANCHI(ビアンキ)買取査定はこちら

ANCHOR(アンカー)

ANCHOR(アンカー)の自転車/パーツの売却(下取り)をご検討なら、国内最大級、店舗展開数NO.1のスポーツサイクル買取販売専門店のサイクリーへお問い合わせください。 アンカーは、アンカーの母体であるブリヂストンサイクルが社内に自転車競技部を誕生させ、1998年に『ブリヂストンアンカー』としてチームを立ち上げたのが期限である。人とバイクのフィッティングに重点を置いた「マン・マシンマッチング」というアイデンティティのもと、常に人とスポーツバイクとの最適な関係性を求め続けている。ロードバイク、マウンテンバイク、シクロクロスバイクを取り扱い、女性向けに設計されたフレーム、サイズがあり、ラインナップが充実している。また、幅広い層からのリクエストに応えるべく、オーダーシステムを取り入れており、ライダー一人一人のスタイル、個性に合わせた楽しみ方ができるのもアンカーの強みである。 アンカーの中でも「RMZ」は、アンカーのすべてを集約したカーボンフレームと言える。ミリ単位でのフレームオーダー、さらには剛性の選択により、ライダーの脚力や実力に合わせた完璧なカーボンフレームを作ることができる。カーボンだけではなく、クロモリフレームにも定評があるアンカーのマシンは、どのモデルも仕上がりがハイレベルで日本人にマッチしています。「ものづくり」の精神が行き届いたアンカーのマシンはサイクリーでも非常に回転が早く、人気のブランドとなっているため、高価買取実績も多数ございます。 アンカー製のロードバイク、クロスバイクをお持ちのお客様で売却をご検討でしたらまずは買取・販売とも国内NO.1のサイクリーまでお問い合わせくださいませ。

ANCHOR(アンカー) 高価買取モデル紹介はこちらANCHOR(アンカー)買取査定はこちら